房州うちわ(千葉・11F)出展品例をご紹介します

 

 

 

 

大和型(手描友禅・和紙) 歌舞伎 左:表 右:裏

 

 

 

 

大和型(手描友禅・和紙) 宝船 左:表 右:裏
<ご紹介>「東京手描友禅・手描部門」伝統工芸士が描いた絵を両面に貼った房州うちわです。うちわに貼った素材は和紙、骨には根付の竹を使用しており、とても希少なうちわです。粋な装飾品としてご利用いただいてます。
※11F呉服コーナー奥 東京手描友禅コーナーそばに出展

 

 

 

 

大うちわ (ちりめん) 左
<ご紹介>大型の房州うちわが生む風は、とても柔らかく心地よいものです。ちりめん特有の光沢感が美しく、存在感もあるため、装飾品としても人気があります。

小町(手拭)右
<ご紹介>ハンドバッグに入るように柄を短くしたミニうちわです。見た目の可愛らしさから、女性中心に人気があります。裏面に宛名を書き、定形外料金の郵便切手を貼ってポストへ投函。葉書としての利用もおすすめです。大切な人へ「風のたより」を送ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

丸うちわ(浴衣地)
<ご紹介>粋な風合いの房州うちわ。浴衣地を貼った丸うちわ、和装への合わせやすさや、手に取った時の扇ぎやすさから、一番人気な形です。男性に似合う柄もご用意しております。

 

 

PAGE TOP